10畳のレイアウト事例。限られたスペースで使うリビングダイニング用テーブル

10畳のレイアウト事例。限られたスペースで使うリビングダイニング用テーブル

  • Posted on: 5月 30, 2017
  • By:

10畳の限られたスペースをどう使う?

10畳のリビングといっても、ようかん型だったり、スクエア型だったり、窓の位置など、さまざまな条件の中、そのスペースをどのように使えば、自分が毎日暮らす家がくつろげる空間になるのか。

狭いリビングに必要な家具をどのように配置するかを考えてみましょう。 毎日そこに座っていたいと思う空間がほしいですね。

小さいリビングを有効に使うには、ズバリ、無駄なものを置かないという一言です。

あくまで広くすっきり見せたい為にということですが。ダイニングテーブルとテレビ。最低限ラグを敷けばソファもいらないかもしれません。どこまで広さを追及するかにもよりますが、自分がくつろぐための家具が何なのかを確認しましょう。

出典: indulgy.com

10畳のリビングダイニングに住む際、悩むのがテーブルだと思います。リビング用とダイニング用、それぞれテーブルを置いて圧迫感を出てしまわないか。かといって兼用で使う場合、不便じゃないか。テーブルを選ぶにもやっぱり買って失敗はしたくないですよね。

レイアウトを工夫してみよう

出典: heya-layout.blog.so-net.ne.jp

レイアウトと一言でいうけれど、狭いリビングにあれも置きたい、これも飾りたいと、ついつい思ってしまって、増える家具や小物でひしめき合ったリビングにはなっていないでしょうか。

本当に自分に必要なものを吟味して、くつろげる工夫とはどういうことなのか、考えてみましょう。それにはまず、無駄のないレイアウトを考えていくことです。

出典: www.homedit.com

リビング用とダイニング用とを分けて使う場合は、空間を上手に使うのがポイントです。壁際など生活動線を邪魔しない配置でダイニング用テーブルを置くのがおすすめ。さらに円形のテーブルを選べば、圧迫感も少なくなり、丸みもあるので柔らかな印象に。

リビングダイニング兼用で使うというのも手です♪

いっそ10畳を広々使って、リビングダイニング兼用のテーブルにするのも良いです。椅子を使わず、ローテーブルを配置。これなら兼用で使えますね。合わせて座椅子やローソファを組み合わせれば、背もたれもラクラクですよ♪

形やサイズ

出典: item.rakuten.co.jp

あなたの家は何人家族でしょうか?人数にあったダイニングテーブルやソファを使っていますか?

10畳のリビングをより、無駄のない広々した空間に作り上げようと思うと、配置だけではなく、ダイニングテーブルやソファなどの形や大きさにもこだわっていかなければいけません。どんな家具が自分の家を快適にするのか考えてみましょう。

出典: www.dipty.nl

おしゃれなローテーブルもご紹介。木目が美しいローテーブルは、ぬくもりを感じられるナチュラルなデザイン。ビーンズ形のローテーブルは、丸みを帯びたディテールがなんともかわいい♪角が無いデザインなので、どこの位置にでも座れるところも良いですね。

出典: iemo.jp

リビングを広く使うには、ダイニングテーブルのスペースをできるだけ小さく済ませたいですね。では、カウンターテーブルを利用するのはどうでしょう。

もしついてなければ、キッチンとの仕切り部分にこのようにカウンターテーブルを設置すれば省スペースで済みますね。キッチンと向かい合わせだと、会話もできるし、食事の支度も近くて便利です。

出典: iemo.jp

リビングに置きたい家具、家電といえばやはりテレビとダイニングテーブルでしょう。できればダイニングテーブルとテレビを見る場所は分けたいですよね。

4人テーブルでも、サークル型のテーブルにすればスペースは少なく済みます。テレビ前にもコンパクトなサイドテーブルを置き、2人ソファーを置けば、空間もでき、すっきり見えます。

出典: www.dinos.co.jp

こちらのダイニングテーブルの特徴は、椅子が丸テーブルの中にすっぽり入ることです。ダイニングテーブルがかさばるのは、やはり椅子がはみ出がちになるので場所をとるという問題があることです。

狭いスペースでは、このように、家具に工夫のあるものをうまく活用して、よりゆっくりできるスペースを広げることが重要ですね。

4人用スペースラウンドダイニングはこちら

10畳のリビングダイニング用テーブルレイアウト事情

出典: comobit.com

ここまでで、リビングのレイアウトの工夫、テーブルの形や大きさなどについて記載しましたが、実際に、10畳のリビングを、どのように
快適に過ごしたらいいのか、また過ごすための、配置のレイアウトの事例を紹介していきたいと思います。

自分の家にも参考になる事例があれば、どんどん取り入れていけたらいいですね。

出典: www.housesdesigns.org

実際にリビングダイニングそれぞれに置いた例と、兼用で置いた例をご紹介。それぞれ素敵ですね。選ぶ際のポイントは置く配置やバランスを見ながら大きさを選ぶこと。使いやすい位置を考え、空間を上手に使いましょう。

出典: kawaii-iephoto.jp

食事をするダイニングテーブルを、くつろぎのソファーテーブルを合体させることによって、広さをキープすることができますね。

ソファーでも食事がしやすいように、テーブルの高さや広さを十分検討する必要があります。

角を利用することで、四方のスペースを取ることもありませんので、
広々した空間を確保できますね。

出典: littlehome.jugem.jp

ダイニングテーブルとソファテーブルを分けるよりも、重ねておいてしまうという大胆な方法です。ダイニングテーブルでくつろぐもよし、ソファでくつろぐもよし。

椅子は簡単に移動できますので、小さな丸テーブルはサイドテーブルを併用できますね。決まった位置というのがあるわけではないので、頭を柔軟にして、配置を考えましょう。

出典: profile.ne.jp

ダイニングテーブルをカウンターにすればくつろぐスペースは思いのほか広くとれるものです。

こちらのように、ダイニングテープとの間に仕切り収納を作り、高さのない畳ソファーを置くことで、くつろぎスペースをおしゃれに配置できますね。高さが低いことで、天井までの空間が長くなるので、それだけで広い印象を受けます。

出典: www.marukinkagu.net

これは便利!ダイニングテーブルとソファがひっついて、無駄なスペースがなくなっています。これだったら、テーブルでもソファでもくつろげますね。

とてもおしゃれで、さらに広いスペースを確保することができました。縦長のリビングに向いている家具ですね。

こちらのカウンターソファは材質や布部分のカラーやクオリティの変更も可能です。

カウンターソファはこちら

出典: iemo.jp

スペースを少しでも節約したい人は、このような半径型のテーブルはどうでしょうか?家族に応じて椅子の数も変わりますが、2~3人だと、反対側の椅子も不要なように思います。

壁を利用し、壁に沿った方法で、配置していけば、リビングそのものが広く感じられるようになりますね。頑張って節約家具を探してみてはいかがでしょうか。

出典: iemo.jp

ダイニングテーブルを置くとき、椅子って思いのほかスペースをとるものです。そこでこんな風に、重ねて置ける椅子を利用するのはどうでしょうか。

使う数だけを移動したり、使わないときはこのように重ねておく。部屋を広々使う場合は、家具も簡単に移動できるものを活用するといいかもしれません。

テーブルも移動できると便利ですね。

出典: iemo.jp

ダイニングテーブルは家族の人数によって、結構大きなものを置かないといけない時もあります。

こちらのテーブルは、天板をたためるようになっていますので、使わないときには半分の大きさにたたんでおくといいですね。

人分のテーブルを確保するのに、同じタイプの椅子ではなく、残りの2脚は重ねられる丸椅子などで代用するといいでしょう。

出典: okusu.jp

広くするといえばテーブルを低くすることですね。直接座ることで、家具の高さも低く、天井までの空間が広く取れるという利点があります。

ソファを置かず、そのままくつろぎのスペースとして利用すれば、広さも十分でしょう。座椅子などを使うことで和モダンでおしゃれなリビングになりますね。空いた空間に違う家具も置けます。

出典: review.rakuten.co.jp

これが、日本の究極のダイニングテーブルです。昔ながらの、折り畳み式ちゃぶ台。ここで食事をしたらすみっこに移動してもいいし、折りたたんで収納してもいいですね。

ほんとに何も置かないリビングだとすれば、これが一番シンプルな方法ともいえるでしょう。今はおしゃれな折り畳み式のテーブルが増えています。