アナタは愛したい派?愛されたい派?世の女子の見解はコレだ!

アナタは愛したい派?愛されたい派?世の女子の見解はコレだ!

  • Posted on: 6月 10, 2017
  • By:

「愛したい」「愛されたい」「追いかけたい」「追いかけられたい」…。片思い中の人から彼氏のいる人、既婚者、はたまた妄想の中で。あなたはどんな恋がしたいと思っていますか?友達と話すことも多いこの話題、いったい、世の中の女性はどのような考えの人が多いのでしょう?気になる結果をまとめました!

「愛したい派?それとも、愛されたい派?」

出典: weheartit.com

よく、女子会で話題となるこのテーマ!

出典: weheartit.com

片思い中はもちろん、交際がスタートしてからも、「愛されたい!」「自分から追いかけていないと冷めちゃう…」などなど、様々なタイプがいますよね。

■働く女性に聞いた!あなたは「愛したい」派?「愛されたい」派?

愛されたい……75.8%愛したい……24.2%

出典: blog.livedoor.jp

出典: weheartit.com

「愛されたい」派が75%越えと大差!気になる理由を見ていきましょう。

なぜ「愛されたい」派?

■「女は愛されるべき!」

出典: weheartit.com

よ~~く聞く意見です。やっぱり、女性は愛されてこそ幸せだと思う人が多いようです。実体験交じりの人多数。

・「女性は愛するより愛されたほうがうまくいくと思う」(31歳/情報・IT/秘書・アシスタント職)・「女性は愛されるとキレイになると思う」(25歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)・「今まで経験した恋愛で、愛されているほうが幸せだと実感」(31歳/医療・福祉/専門職) 女性として生まれたからにはお姫様のように大事にされてみたいもの。 また、今までの経験上男性からの「愛されている」実感が強いほうが、うまくいくことが多いという意見もありました。

出典: blog.livedoor.jp

■「お付き合いには安心感を重要視」

 ・「愛されているほうがストレスが少なくて楽だから」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職) ・「愛されるほうが楽しいから」(30歳/商社・卸/秘書・アシスタント職) ・「自分から追いかけるのは疲れるし、いつも安心感がほしいので相手から愛されていたいです」(31歳/自動車関連/事務系専門職) 自分から追う恋はとにかくエネルギーを必要とするもの。 相手からの愛をひしひしと感じるくらいが女性にとってはちょうどいいみたいですね。

出典: blog.livedoor.jp

出典: weheartit.com

追いかける恋は、楽しいけど疲れる。最初のうちはいいけど、長くお付き合いしていくとなると一緒にいて安らげるというのはとっても重要なこと。

■「愛されたい人」=「告白されたい人」?!

追いかけたいタイプの女性は、今までの恋愛で、告白されるよりしてきた回数が多い女性です。一方、追いかけられたいタイプの女性は、今までの恋愛で、受け身で告白されてきた回数が多い女性になります。

出典: mote-dan.com

出典: weheartit.com

な~るほど。たしかに、告白は「されるにこしたことはないけどあんまり焦らされるとしちゃう」っていう肉食寄りの女性は、お付き合いしてからも安定よりも刺激を求める子が多いかも。

■告白についてのアンケート結果の割合が、ほぼ同じ!!

告白されるのを待つタイプ……75.4%自分から告白するタイプ……24.6%

出典: woman.mynavi.jp

出典: weheartit.com

な、なんと!愛されたい……75.8%愛したい……24.2%とほとんど同じ割合の結果に!「愛されたい」&「告白もされたい」「愛したい」&「告白もしたい」。意見がハッキリしている子が多いようですね。

一般的には、付き合う前は男の方が女を追っていて、付き合った後は女の方が男の方を追いかけるというパターンが一番多いと思います。

出典: 1kudokikata.com

出典: weheartit.com

安らぎを求める愛されたい派の女子はこうなることを恐れ、最初から告白してくれるような男性を選ぶのでしょうね。続いては「愛したい」派の女性の意見を見ていきます。

なぜ「愛したい」派?

■「尽くすのが大すき!」

・「面倒を見たいタイプ」(26歳/運輸・倉庫/秘書・アシスタント職)・「基本的に尽くしたいので」(23歳/その他)・「ついつい精神的に貢いでしまうので。男性からは常に愛情を注がれるのではなく、ときどきスパイス程度に愛を感じたい」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職) 尽くすタイプの女子は、自分の愛情の度合いが高いほうが心地よいのかもしれませんね。

出典: blog.livedoor.jp

出典: weheartit.com

自己陶酔になるとイタイですが、「程よく献身的な女性」は、素敵です。

■「重い愛情がニガテ…」

・「愛される側はいつかうんざりする」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)・「向こうから追いかけられると逃げたくなるから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)・「相手から思われすぎると負担になるので、愛したい派」(30歳/ソフトウェア/事務系専門職) 相手から思われることに幸せを感じる人もいれば、男性から「追われる恋」が性に合わないという人も。

出典: blog.livedoor.jp

出典: weheartit.com

「愛したい」派の女性は男性に追われるのが苦手。追われると飽きてしまう女性も多いよう。

■「愛したい」派は若い子に多い!

アンケートでは、「昔は愛したい派だったけど、年月を経て今は愛される派」という、年齢とともに男性からの愛情をより求めるような女子も。

出典: blog.livedoor.jp

出典: weheartit.com

若さゆえの「愛したい」欲。年をとったら、落ち着くもののよう。また、「結婚」も考え方の変わるキッカケになるという結果が!

■結婚を分岐点に考えが変わる?!

女性は3人に2人が「愛されたい」と思っているのに対し、男性は若干「愛したい」が多くて「愛されたい」とほぼ半々という結果となりました。また男性は未婚⇒既婚で「愛したい」が増えるのに対し、女性は「愛されたい」が逆に増えています。

出典: chosa.nifty.com

出典: weheartit.com

結婚を機に女性は「愛されたい」、男性は「愛したい」と思うようになるという結果が。うまくできてる…!

結論:「愛されたい」も「愛したい」も良いけど、ひとりよがりはだめよ!

出典: weheartit.com

「愛したい」「愛されたい」はその人の性格もあるけど、年齢や経験、時期なども深くかかわっていることが判明。相手に自分の「愛して!」「追いかけさせて!」などの理想を押し付けていては、(よっぽど相性の良いカップルを除いて)しあわせにはなれませんよ~!

結局、お互いに精神的に自立していないと長期的な恋人関係も成り立たないんだな〜と思っています。どっちかが依存していると、依存されてる方が重く感じていきますから。

出典: konkatsuman.jp

出典: weheartit.com

依存するのも、邪険に扱うのも、「愛」とは呼びません。自分勝手はNG!「2人でしあわせを育んでいく」という意識を大切に、過ごしていきましょうね♪